屋号に込めた想い

About Excuritos English
About Excuritos English

屋号に込めた想い

私が英語コーチとして大切にしていることの1つは、英語力そのものをただあげるだけでなく、その先に広がる未来を一緒に描き、それを実現させるために二人三脚で伴走することです。
英語は目的ではなく、ツール。そのツールを使って、どんな事をしたいのかが何より大切なんです。

英語を通じて、世界との関わりを深く持てるようになったり、様々なバックグラウンドを持つ人々と出会い、心からの会話をし、考えを深める。伝えたい想いをしっかりと届ける。そうする事で、プライベートでもビジネスでも、世界のどこでも自信を持って自分らしく活躍できる人のサポートをしたいと思っています。

 

屋号であるExcuritos English(エキュリトス イングリッシュ)は、私が造った造語です。
この言葉には、『つねに、自分の想い・考え・成し遂げたい夢に向かって、自分を制限するものや枠を飛び越えてチャレンジして、一歩ずつでも経験を積み重ねて自信をつけていく姿勢を大切にしたい』という想いを込めました。

 

私は、いつも新しいチャレンジを始める前は、不安で自信がなくて。つい他の人を見ては落ち込んだり、自分ができることは何もないように感じたり。もともと英語コンプレックスが強くて、いくら英語力をあげてもずっと自信が持てなかった時も、同じような思考で自分を制限してしまっていたんですよね。
でも同時に、好奇心や向上心もなみなみと溢れ出てくるようにあって、「こんな事をやってみたい!」「こんな事が実現できたら最高に違いない!」という熱い思いも持っていて。

英語コーチとして多くのクライアントさんたちと接してきて、同じような想いを持っている人たちの多さにも気付いたんです。

 

そんな想いから、Excuritos(エキュリトス)には3つの要素を持たせました。

まず最初に、exとは、ラテン語を語源としていて、「外にエネルギーを発していく」意味があります。私が好きな言葉もexから始まるものが多く、explore(探検する)、expand(拡げる)、experience(経験する)など、見るだけで外に発するポジティブなエネルギーを受け取って心がワクワクと踊る感じがするんですよね。

こうしたワクワクとした心の底から湧き上がる感情ってすごく大事だと思っていて。だけど、ワクワクしているだけでは何も始まらない。何よりも大事なのは、実際に行動すること!

それが2つ目の要素に繋がるのですが、学生のころ尊敬する方に「考えているだけなのは、何もしていないのと一緒だよ」という言葉をもらったことがあり、ほんのちょっとのことでも良いからまずは行動をしないことには何も始まらないんだとわかったんです。

考えてばかりいて不安になったり、情報だけ溜めこんで頭でっかちの評論家みたいになっていても、実践者には絶対に敵わないし、現実は何も変わらないのですよね。
不安でも自信がなくても、いつも自分を突き動かすのは、それをやった先の未来を見てみたいという単純な好奇心で、「好奇心こそ行動の原動力」だと思っているので、屋号にはcurious(好奇心旺盛な)の要素を入れました。

そして、最後に、世界幸福度ランキング1位で、教育先進国でもあるフィンランドの言葉で、「感謝」や「行動」という言葉に共通する「トス」という響きをもらいました。
今の自分があるのは、これまで関わってくださった方々や経験してきたもののお陰であり、それら全てに感謝の気持ちをいつも持っていたいと思っています。周りの素晴らしい方々を見ていても、輝かしい実績を出している方ほど、周りへの感謝を忘れないんですよね。

このような3つの要素に想いを込めて、Excuritos English(エキュリトス イングリッシュ)という屋号をつくりました。

常にExcuritosな想いを胸に進んでまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

concept

好奇心こそ行動の原動力。
英語をツールに自分の幅を広げたい方へ、
いますぐ実践できる
英語学習法やグローバルマインドセットなどを
お伝えいたします。
また、英語コーチになりたい方向けにも
情報配信をしています。